米Apple、アップルストアからAKB48関連商品を追放 秋元康ビジネスを詐欺まがい行為に認定?~ネット「ビジネス形態が悪質」「すごく常識的」

この記事をシェア

株式会社ブランジスタゲームが運営する3Dスマホクレーンゲームアプリ『神の手』は、2018年12月31日をもってサービス終了することになった。

同アプリは秋元康がプロデュースしており、サービス開始時は「場空気」というライブ会場の空気を詰めて販売するなどして話題となった。常時2000台稼働しておりまた他人のプレイの「覗き見プレイ」や「続きプレイ」などが可能。1プレイは100円相当(100P)となっており、必ず課金しないと遊べない。

しかし同アプリが2018年7月21日以降、アップル社によりアップデート停止され、これにより9月17日より提供されたiOS12に最適化してサービスが出来なくなったという。

アップル社と協議を重ねてきたが合意に至らないことから、サービス終了の決定を下したという。

(ライバーネット)
https://livernet.jp/a/948
https://livernet.jp/wp-content/uploads/2018/12/001-14.jpg
https://livernet.jp/wp-content/uploads/2018/12/002-5.jpg
https://livernet.jp/wp-content/uploads/2018/12/003-4.jpg

管理人
ネットの反応
名無し
握手券も規制しろよ
名無し
商品は握手券でCDはオマケです
名無し
大体合ってる
名無し
すごく常識的
名無し
ヤクザもアメリカには従うしか無いなw
名無し
ビジネス形態が悪質
名無し
極めて普通の感覚だよな

この記事をシェア